アカネ科の常緑低木で秋に瑠璃色の美しい実がつきます。
本州では東海地方以西に分布しており、高さは1.5mほどです。
馬越峠では、紀北町側上り口から200~300m付近に生えています。
京都府や奈良県では絶滅危惧種に指定されています。

実は10月中旬頃から11月下旬まで見て楽しむことができます。
令和3年11月30日に確認したところ、やや色あせて見頃は過ぎた感じでした。
しかし、実は残っているので、12月上旬まで観察することはできそうです。

花は5~6月に咲きます。令和4年は、花もお知らせします。