赤紫色の花が振り返って見るほど美しいといわれるミカエリソウです。

日本固有種、シソ科の落葉低木でブラシのような形です。
茎は直立して30cmから1mほどの高さとなります。
紀北町では、主に馬越峠で見られます。馬越峠では、
紀北町側上り口や夜泣き地蔵の100m下側、河童岩の前などに
生えています。

令和3年は、10月6日に見に行ったときは咲き始めという程度で、
10月12日に見に行くとしっかりと花が咲いていました。
写真は、令和3年10月12日に、馬越峠紀北町側上り口で撮影しました。
10月26日に確認すると少し咲いている花もありましたが、見頃は終了でした。