きほくのたび
紀北町観光協会・モバイル
トップ >
四季の味覚
春の味覚
■まんぼう
紀北町の町の魚であるまんぼう。いつでも水揚げされるわけではないので、必ず食べられるという補償がありません。見かけた時は、ぜひ食べてみてください。
淡白な味とコリコリとした独特な食感が、ヤミツキになること間違いなし!
manbo.jpg

■かつお
紀北町の春に水揚げされる鰹は、黒潮に乗って北上中で、脂が少なく身が締まった「初鰹」です。さっぱりとした味わいなので、飽きが来ず、いくらでも食べてしまいます。
刺身、タタキ、お茶漬けなど、色々な形で舌を満足させてくれること間違いなしです。
katsuo.jpg

夏の味覚
■さざえ
さざえと言えば「壺焼」がポピュラーですが、紀北町では、生の身を水洗いして刻み、刺身としていただくこともあります。
身のコリっとした感触は、他にない不思議な歯ざわりです。一度お試しアレ!
sazae.jpg

■うつぼ
海のギャングともいわれるほど、獰猛なうつぼですが、その身はコラーゲンたっぷりの健康食です。
また、疲労回復の効果もあるので、夏の疲れを癒すには、ぴったりの食べ物です。
utsubo.jpg

秋の味覚
■さんま寿司
熊野灘沖で獲れる秋刀魚は、長い距離を泳いで南下してくるため、脂が適度に落ちて、寿司魚に最適になります。
縁起物として、祝いの席や祭りの際によく出される郷土料理です。
sanmasushi.jpg

■押し寿司
下ごしらえをした海の幸に加え、人参、椎茸などの山の幸を甘く煮て酢飯の上に並べていきます。四角い型の中に仕切りををしながら、何層も重ねていき、重石をして形を整えると、四角形の押し寿司の完成です。素朴な田舎の味がする郷土料理です。
oshisushi.jpg

冬の味覚
■渡利牡蠣
身は少し小ぶりですが、その分味が濃縮しており、口の中でほろりととろけるその味は絶品です。
その昔この地を訪れた弘法大師が村人にカキを贈ったという伝説から、「弘法牡蠣」とも呼ばれています。
kaki.jpg

■からすみ
日本三大珍味といわれるからすみですが、お酒の肴によく合い、珍味というよりは、美味と言って差し支えない美味しさです。
また、薄く切った身を光に当てると、なんとも言えずきれいな色合いに目を奪われるでしょう。
karasumi.jpg


紀北町観光協会・モバイル
トップへ
宿泊施設
飲食店
体験塾
特産品
おすすめスポット
四季の味覚
熊野古道
紀北町へのアクセス
イベントカレンダー
スタッフブログ