普段はなかなか見ることのできない「FSC®の森」を歩いてみませんか?

日本農業遺産に認定された「尾鷲ヒノキ林業」。この地域では、固有の景観を活かした独自の伝統的な森の管理方法で林業を営んできました。森がきちんと適切に管理されている証であるFSC®の国際的認証を日本で初めて取得した森  ”大田賀山林”  が紀北町にあります。 (FSC® C005814)

前回は新緑の季節に体験を企画しました。速水林業さんにご協力をいただき、森の秘密や、木の豆知識、そして、映画の撮影スポットになった木などなど、FSC®の森の魅力を余すところなく案内していただきました。散策の後は、木工職人であるウッドメイクキタムラさんによるヒノキのクラフト体験。これまでブックエンドや小物棚を製作しました。さらにカンナ削り体験やノコギリを使って木を切る体験も。木にふれて、木を知り、木を使うことで、森を守ることにつながります。

 

体験日年1回開催予定(2018年は終了いたしました)
体験場所大田賀山林(速水林業 FSC®の森) 紀北町馬瀬
体験時間FSC®の森散策(所要時間1時間半程度)
〈FSC®の森を熟知したスペシャリストにご案内いただきます〉

木工職人によるクラフト体験(所要時間2時間~半日程度)
※希望者は箸作り、かんな削り、のこぎり体験などもできます。
〈先生:木の職人 ウッドメイクキタムラさん〉
         
体験参加料金1,500円~5000円
お問合せきほくふるさと体験塾(紀北町観光協会)
電話:0597-46-3555   Email info@kihoku-kanko.com